擁壁工事について

擁壁工事とは

擁壁とは、造成工事などによってできる崖や斜面に、土砂の崩壊を防ぐために設置される壁状の構造物のことです。

土の種類、地耐力、含水率の3つを踏まえて、土圧に耐えられる構造にしなければなりません。

 

エクステリアとしての擁壁は小規模ではありますが、住まいの景観を損ねる場合が多いため、圧迫感や違和感を抑える工夫が必要です。

その際に有効な手法としては、蔦類や地被類を活用した壁面の緑化などが挙げられます。

 

擁壁はその構造形式によって、重力式、半重力式、もたれ式などに分けられます。

重力式は擁壁の自重で土圧に抵抗する形式で、良好な基礎地盤の上に設置されます。

半重力式は擁壁の躯体を鉄筋で補強して抵抗力を強めたもので、もたれ式は山側に勾配をつけた擁壁のことを指します。

擁壁の材料

擁壁の材料は、いくつかの種類に分類されます。

現場打ちコンクリート

現場打ちコンクリート式の擁壁は、セメントや砂、砂利などを水で練り上げたコンクリートを型枠に打ち込んで固定します。

背面にはフィルターとして栗石や砂利などを裏込めして、水抜きパイプを設置します。

コンクリートブロック

コンクリートブロック式では、基本的に補強コンクリートブロックや型枠状ブロックが用いられます。

補強コンクリートブロックを用いた擁壁は、組積した空洞ブロックの空洞部に鉄筋とコンクリート、モルタルを充填して耐力壁とします。

 

型枠コンクリートブロック擁壁では、型枠状ブロックを組積することで枠をつくり、その空洞部に鉄筋を配置してからコンクリートを充填することで、耐力壁とします。

 

この種類の擁壁でも、ブロック積みの背面にフィルターとなる栗石を裏込めして、水抜きパイプを取り付けます。

比較的小規模であるエクステリア擁壁については、擁壁用化粧型枠ブロックが製造されています。

石垣

天然石の組積の代表的なものが石垣です。

基本的に、モルタルやコンクリートを用いて石を積み上げる練り石積みと、砂利または栗石のみで石を積み上げる空石積みによって施工されます。

 

また、石積みに使用する用材にも種類があり、加工して使われる加工石材と、天然の形状を生かした自然石材があります。

間知石

間知石擁壁は花崗岩や安山岩を加工して、安定した地盤に傾斜を設けて設置する練り石積みで、重力式の構造です。

しかし、近年は石材の製造が減少しているため、間知ブロックというコンクリート製の材料が大半を占めています。

擁壁工事の注意点

擁壁工事を行う際には、擁壁の構造に関する規定があるので注意が必要です。

規定の例としては、高さ5メートル超の擁壁は練積み造にできないというものや、使用する材料の制限が挙げられます。

また、鉄筋コンクリートや無筋コンクリートを用いた擁壁は、構造計算により安全性を確かめなければいけません。

 

擁壁は、安全性や安定性の面で、家づくりにおいて大切な要素の一つとなります。

エクステリアとして擁壁を設置する際には、土圧に対する抵抗力や強度だけでなく、街並みとの調和を考える必要もあります。

 

しかし、一口に擁壁といっても、その材料や形式は様々です。材料や形式選びにお悩みの方も多いのではないでしょうか。

 

擁壁工事をお考えの方、擁壁工事に関して悩まれている方は、ぜひ一度、お気軽にクオリティにご相談ください。

条件やご希望をしっかりとお伺いして、安全性や周囲との調和を考えた擁壁工事をご提案します。