太陽光発電・蓄電池設置工事について

太陽光について知る

太陽光発電とは

太陽光発電とは、太陽光エネルギーを使った発電方法です。

太陽の光さえあれば発電ができ、発電時に二酸化炭素を排出しないことなどから、太陽光発電は近年注目を浴びています。

太陽光発電のしくみ

太陽光発電を行うには、ソーラーパネルと呼ばれるパネルが必要です。

ソーラーパネルは、太陽電池と呼ばれる装置を大量につなげて作られています。

 

太陽電池は、P型半導体とN型半導体という二つの半導体で構成されており、発電機の役割を果たします。太陽電池に太陽光エネルギーが当たることで二つの半導体の電子が動き、電気が発生するという仕組みなのです。

 

この太陽電池には、シリコン系や化合物系、有機系といった種類があって、種類により発電効率が異なります。

現在はシリコン系の太陽電池が主流で、世界中で生産されている太陽電池のうちの約80%がシリコン系です。

 

ソーラーパネルで発電した電気は直流電流なので、そのままでは家庭で使用することができません。

そこで、作られた電気を接続箱という機器で集め、集めた電気をパワーコンディショナーという機器で交流電流に変換します。

こうして家庭で使えるように変換した電気を、分電盤という機器を通して家中に送ることで、発電した電気が家庭で使用できるのです。

蓄電池について知る

蓄電池とは

蓄電池とは、充電を行うことで電気をため、放電することで電気を使うことができます。充放電を繰り返すことで、何度も使用することができる電池のことを指します。

  

アルカリ乾電池のような使い捨て電池を一次電池といい、充電することで繰り返し使える電池を二次電池といい、蓄電池もこの二次電池になります。

蓄電池のしくみ

 蓄電池は、電池の化学反応により、電気の放電や充電をすることができます。

 

電池は異なる2つの電極と電解液から構成されています。2種類の電極のうち、負極(マイナス極)は電子を放出する物質、正極(プラス極)には電子を受け取る物質が用いられています。

 

負極が、電子を放出し、正極へと流れることで電気が発生します。この仕組みを放電といいます。

しかし、この放電を続けていると負極は溶けてしまい、化学反応ができなくなってしまいます。

 

そこで、蓄電池の内部に放電と逆向きの電気を流し化学反応を起こします。これが充電となります。

太陽光発電と蓄電池は相性抜群

太陽光発電は、太陽が出ている時間帯に電気を作り出してくる設備です。一軒屋の屋根に太陽光発電システムを乗せるとお昼間は、自分の家で作った電気を、自分で使える素晴らしい設備です。

 

でも、昼間にたくさん作りだした電気を夜に使うことはできません。なぜなら、作り出した電気を貯めておくことができないからです。

 

そこで「蓄電池」が活躍するのです。蓄電池は、電気を「貯める」設備です。

 

太陽光発電システムのみ設置の場合は、発電できない夜間や悪天候の日は、電力会社から電気を購入するしかありません。でも、蓄電池を設置すれば、昼間の日照時に発電した電気を蓄電池に貯めておくことができます。

 

蓄電池に電池を貯めておけば、発電できない時間帯は、蓄電池に貯めてある電気を使用することで、電力会社から電気を買わずに生活ができ、とても経済的です。

 

今、太陽光発電システムをお持ちの方は、蓄電池も設置すれば、さらに経済メリットが大きくなります。

これから、導入される方は、太陽光発電システムと蓄電池はセットで設置することをお勧めします。

 

これからは『自家消費』時代

新築一戸建てを建てたら、太陽光発電システムを搭載し、「売電」で副収入というのは、もう昔の話になりつつあります。

昨今、売電価格は値下げの一方、太陽光発電システム搭載の新築一戸建ての家では、「せっかく発電したのに電気を買い取ってもらえない」というようなことが起こりつつあります。

実際に、申請を出してもなかなか買い取りが始まらないということが起こっているようです。

 

今までは「売電」が非常に重要視されていましたが、これからは「自家消費」の時代です。

太陽光発電システムも今後は、「自家消費」を念頭においた周辺機器・設備の導入が加速していくはずです。

 

今後、太陽光発電システムの設置をお考えならば、蓄電池やHEMSを併せて設置することをお勧めします。

すでに、太陽光発電システムを設置の方は、蓄電池を導入し、「自家消費」ができるようにシフトしていくことをお勧めします。

 

クオリティでも、太陽光発電システム・蓄電池を取り扱っておりますので、少しでも気になりましたらお気軽にお問合せください。

無料のお見積り・お問い合わせ

TEL:0120-96-1541

受付/10:00~21:00(土日祝OK)

※タップで電話がかかります