庭(ガーデン)工事について

お庭の空間は家族の趣味が一番光る空間になります。

目隠しをしてプライベートな空間を演出することもできますし。緑豊にして街ゆく人々の目を癒すような庭園にするのも素敵です。

クオリティでは、お客様が何をされたいのかをヒアリングしながらプランニングをしていきます。

ナチュラル風ガーデン

ガーデニングがお好きだったり、草木に囲まれたお庭で生活をされたい方にお勧めのガーデニング方法です。

植栽やグランドカバー、芝生などを使って自然と調和を図っていきます。

それぞれの項目について見ていきましょう。

植栽

お庭を自分好みにガーデニングするためには、どのような種類の植栽を選ぶかが大切となります。特に、どのくらいのサイズの木を選ぶかが1つのポイントとなってきます。

 

そこでお勧めしたいのが、お手入れが簡単な中低木です。

なぜお手入れが簡単かというと、中低木は高木よりも成長が遅くサイズも小さいためお手入れの機会が少なく済み、枝を切ったり形を整える際もはしごなどが不要だからです。

庭木の選び方はサイズのほかにも、生育環境や季節ごとの変化もポイントとなってきます。

 

また、植栽は種類によって目隠しやブロック塀の代わりにもなるほか、サイズの異なるものをうまく組み合わせることで庭を広く感じさせることができるなど、さまざまな用途があります。

自分のお庭のイメージにあった植栽を選ぶとともに、機能面もしっかり考えましょう。

グランドカバー

グランドカバーとは、地面を覆い土が見えているスペースを埋めてくれる植物のことです。

グランドカバーはなんといってもお庭の見栄えを良くしてくれるというのが1番のメリットです。きれいな植物を植えても土が出てきてしまったり、雑草が生えてきたら台無しです。それを解決してくれるのがグランドカバーで、レンガなどを敷いてできた隙間に植えるとお庭との調和もとれ、雑草が生えてくるのも防ぐことが出来ます。

 

その他にもグランドカバーには管理の楽さというメリットがあります。常緑のものであれば1年中植えっぱなしで、水やりさえすれば大丈夫な植物がたくさんあります。お花と比べるとお手入れの手間はまったくかかりません。

また、グランドカバーは性質的に強いものが多く、日に当たらないところでも育つものや、強く踏まれても大丈夫なもの、繁殖力が強く全滅しないものがたくさんあります。

 

グランドカバーを取り入れて明るく見栄えの良いお庭をつくるとともに、雑草対策もしていきましょう。

天然芝

お庭に天然芝を敷くのもナチュラル風ガーデンに仕上げる1つの方法です。

公園の芝生でピクニックをしたり、寝転がっている人がいるように、天然芝はリラックスする空間を作り出してくれます。

芝の種類を選ぶ際は、芝生の上で過ごす時の肌触りや、お手入れの頻度などがポイントです。

おすすめなのは比較的管理がしやすい高麗芝などの暖地型の芝がおすすめです。暖地型とは高温多湿に強く病害虫に強いというメリットがあり、日本の気候にぴったりです。また高麗芝は葉が細くて肌触りが柔らかいので特におすすめです。

日頃のお手入れは芝刈り、雑草駆除、目土入れ、エアレーション、施肥などがあります。

 

天然芝を敷いてリラックスできる空間をつくりましょう。

シンプル風ガーデン

お庭にあまりお金を掛けたくないけど、雑草とかが生えるのは嫌だなぁ。という方にお勧めです。

防草シートや砂利などで仕上げていきます。シンプルですっきりとしたイメージになります。各項目がどんなものか見ていきましょう。

防草シート

お庭の雑草を防ぐ1番の方法が防草シートです。防草シートとは、遮光性と貫通抵抗性に優れ、太陽光を遮断して雑草が生育するのを防いでくれます。草抜きの負担軽減やお庭の景観維持に効果を発揮し、雑草の悩みを解決してくれます。また、防草剤とは違い人体や土壌に影響を与える心配がありません。

防草シートには、ポリエチレンやポリプロピレン、ポリエステルなどが素材として採用されています。素材によって性質も違えば価格にも差があるので、防草シートを選ぶ際には目的にあった素材のものを選ぶことをおすすめします。

 

防草シートを敷くことによって、雑草が生えてこないお庭、お手入れの必要がないお庭をつくりましょう。

砂利

砂利を敷くことも雑草を抑える方法の1つです。しかし砂利だけでは隙間から雑草が生えてくるので、防草シートとの併用をおすすめしています。

 

砂利を敷くメリットは雑草対策のほかにもたくさんあります。

まず1つ目は、お庭の景観を良くしてくれる点です。砂利にもたくさんの種類があり、色や形状によって和洋などイメージを変えることができ、自分好みのお庭の雰囲気をつくることができます。洋風のシックなお庭には濃いブラウン系、重厚感を演出したいなら黒、柔らかい印象を持たせるのであればピンクなどを選ぶとよいでしょう。砂利の色によってお庭の雰囲気はまったく異なるものとなります。

2つ目はぬかるみ対策になる点です。砂利を敷くことによって水はけが良くなるため、足元がゆるくなり水たまりができるのを防いでくれます。

3つ目は防犯対策になる点です。砂利を踏むと音が鳴ることで防犯対策にもよく利用されています。特に人目のつきにくい裏庭にはおすすめです。防犯に特化した防犯砂利もあります。

 

雑草を防いでくれる砂利ですが、選ぶ種類によってお庭の雰囲気をガラッと変えることが出来ます。ぜひ自分のイメージにあった砂利を探してみてください。

人工芝

人工芝を敷くことも雑草対策の1つです。しかし人工芝のシートには水抜き用の穴が開いていて、その穴やシートのつなぎ目から雑草が生えてくるので、こちらも防草シートとの併用をおすすめします。

 

ここでは天然芝との違いを紹介したいと思います。人工芝は天然芝と違い芝刈りや施肥の必要がありません。成長することも枯れることもないのでお手入れをしなくて済みます。また、天然芝だと抜けた芝がつき、土で汚れてしまうことがありますが、人工芝ではそのような心配は不要で子供やペットが遊ぶのに適しています。水はけのよさも人工芝の特徴で、シートには穴が開いていているのでそこから水が排出され、水勾配をしっかり作っておけば水たまりはほとんどできません。そのため、雨の日の翌日でもお庭に出ることが出来ます。

反対に人工芝のデメリットは季節感を感じられないことや、お庭の調和を乱してしまうということがあげられます。人工芝は天然芝と違い一年中緑のままです。周りの樹木が茶色いのに人工芝だけが緑で目立ってしまうなんてケースも発生します。

 

多少のデメリットがある人工芝ですが、1年中お庭で遊びたい、お子さんやペットに走り回ってほしいという方にはお勧めです。ぜひご検討してみてください。

お庭のお水回り

意外とご存知が無い方が多いのですが、お庭のお水回りも外構工事で承ることができます。

立水栓

立水栓とは、屋外に設置する柱状の水栓のことです。立水栓を設置することによってお庭の水撒きがとても楽になります。他にも洗車やペットの散歩後に足を洗う際に活躍してくれます。

 

立水栓のデザインはお庭の雰囲気にあわせることもできますが、個性を出してお庭のアクセントとすることもできます。

 

立水栓を設置する際には、用途に合わせて必要な位置に設置することが重要です。また使い勝手の良い高さにすることも大切です。これらを考えなければせっかく設置した立水栓も意味がなくなってしまいますので気を付けましょう。

 

お庭での生活をイメージして立水栓をぜひ設置しましょう。


ご質問、疑問点などございましたら、下記よりお気軽にお問い合わせください。

無料でお見積もりを行っております。

無料のお見積り・お問い合わせ

TEL:0120-96-1541

受付/10:00~20:00(土日祝OK)

※タップで電話がかかります