外構のアクセントに"大人気"のロートアイアン・ロートアルミ特集

こんにちは外構クオリティの田浦です。

今回は人気のロートアイアン・ロートアルミの特集をしていきたいと思います。

アイアンは、重厚感あふれる格調・風格ある美しいスタイルが魅力で、外構に少し取り入れるだけでその存在感が際立ち、ステキな雰囲気に様変わり!外構プランを作成の際「アイアンを取り入れたい」というご希望を聞くこともとても多く大変人気の商品です。 

「ロートアイアン」や「ロートアルミ」って何?

そもそも、「ロートアイアン」「ロートアルミ」とは、いったいどんなものを指しているのでしょうか?!

 

ロートアイアン/ロートアルミは、規格部材を叩く、曲げる、捻るなどして造形される、職人の手作業によって製造されている希少性の高い製品です。

現在は、工業化が進み規制のものを使うことが多くなってきています。素材は、アルミ鋳物やプラスチック製品物なども出てきています。

 

 

重厚感のあるアイアンですが、繊細さも持ち合わせおり、高級感を出すことが出来ます。エクステリアやインテリアとしても非常に人気の高い素材です。

無料のお見積り・お問い合わせ

TEL:0120-96-1541

受付/10時~20時(土日祝OK)

友だち追加

LINEからお問い合わせいただけます。こちらの「友だち追加」ボタンをクリックしてお友だち登録をお願いします。 

 

門扉・手すりでステキに魅せるアイアン!

まずは、もっとも存在感を出せる、門扉・手すりのアイアンを使った外構をご紹介!

特殊な風合いと曲線から感じ取れる繊細さを合わせ持つ、ロートアイアン(アルミ)。

門扉や手すりで使うと、見た目も品格もありセンスの良い雰囲気に様変わりします。

メインのお家が引き立つ要素としても、とてもいい役割をしてくれます。

 

また、見た目だけでなくその実用性も、もう一つの人気の秘密かなと思います。

 

ワンポイントで魅せたいなら表札(サイン)にもおススメのアイアン!

 

アイアンの表札は、とにかくシンプル。

そのシンプルさがロートアイアンのもつ繊細な美しさを最大限に引き出してています。

 

重厚感のある黒にアイアンに筆記体で名字。そんなシンプルなものだけど、新芽を入れたり少しアーチを描いたりといったワンポイントで個性を加えれば、ステキで存在感のある表札の出来上がりです。

 

 

無料のお見積り・お問い合わせ

TEL:0120-96-1541

受付/10時~20時(土日祝OK)

友だち追加

LINEからお問い合わせいただけます。こちらの「友だち追加」ボタンをクリックしてお友だち登録をお願いします。 

 

ロートアイアンの特徴をご紹介

Q:ロートアイアンは錆びないの?

A:錆びる可能性はあるので、その場合はタッチアップペイントで補修するなどのメンテナンスが必要です。
塗装技術の向上も有り、錆びの心配は軽減されましたが、錆びる可能性はあります。ウッドデッキには定期的にオイルステインを塗る必要があるのと同様、こだわりの商品には多少のメンテナンスが付き物だと思います。手入れしながら使えば、それだけ味わい深くなります。ちなみに、表札の壁取付部や、手摺等の固定ベースプレート等は、壁を赤錆で汚さないようにステンレスの部品を利用しています。

 

Q:ロートアイアンは流行りのシンプルモダンな外構には似合わないのでは?

A:鉄の強度を活かした、 極めて簡潔なシンプルモダンなデザインもお勧めです。
ステンレスの溶接手摺のような、フラットバーのみで構成したシンプルなデザインも可能。形状はシンプルですが鎚目のテクスチャが上質さを表現します。

 

Q:ロートアイアンの門扉の扉は重くはないですか?

重いですが、 本物の重厚感が伝わる心地よい重さです。

 

軽すぎると安っぽく感じてしまうなど、人の感覚は重量感を求めることもあります。ロ ートアイアンのデザインは簡潔なので、決して重すぎることは無く、アルミ形材などでは伝わらない、しっかりした手ごたえが伝わってくることと思います。

 

ロートアルミの特徴をご紹介

Q:ロートアルミは錆びないの?

A:赤錆は発生しないので、壁面等を赤茶色に汚す心配がありません。

ロートアイアンのように、錆に対するこまめなメンテナンスは必要ありません。塗装面に多少傷がついたり、現地で切り詰め、切断や、ビス穴等を追加で加工しても赤錆はでません。

 

Q:ロートアイアンと同様、極めてシンプルなデザインにできますか?

A:角部を切削加工したアルミ形材を構造部材に使うことで、強度を得ることができるため、製作可能です。

ロートアイアンと全く同じ形状の部材では強度が足りない為、同じデザインでも意匠上の支障が無い程度に部材を変更しています。特に構造部材は強度が必要なため、フラットバーの代わりにアルミ形材を使用しています。

 

Q:アルミ形材って溶接できるの?

A:ロートアイアン同様、溶接が可能です。

アルミ形材も溶接すれば、パーツのジョイント部分に金具やビスは不要です。そのため、無駄をそぎ落とした上質なデザインが可能になります。

Q:同じアルミならば、角度が自在に変更できる形材手摺が便利ではないの?

A:設置場所の寸法が分かれば、それぞれの現場に合わせて製作可能。仕上がった商品を固定するだけなので、施工は簡単です。

施工時に角度を調整できる手摺も便利です。しかし、ロートアルミ手摺は、現場で角度を調節する必要がなく、コンクリートモルタルで埋め込んだり、アンカーボルトで固定するのみなので、作業者にとっては角度調節可能な手摺よりも便利です。また、特有の素材感は根強い人気があります。

 

無料のお見積り実施中

さて、ここまでロートアイアン・ロートアルミ特集として、魅力をお伝えしてきましたがいかがでしたか?


今回はオンリーワンクラブより、数ある商品の中から「ロートアイアン」「ロートアルミ」をご紹介させていただきました。ご希望の商品がございましたお気軽にお問合せ下さい。

 

外構クオリティではご新築やお庭のリフォーム工事など、各種工事を承っております。

お家時間が増えたこの時期に、お庭の充実を図ってみてはいかがでしょうか?


ご検討中の方には、無料でお見積もり作成を承ってます。

安くてオシャレな外構をご希望の方は、お気軽にお問合せ下さい。

 

こちらの記事も人気です

・【NEW!】お庭空間をつくるオシャレな「室外物置」をご紹介 >詳しくはこちら 

・あれば便利!宅配ボックス・門柱(ユニットウォール)特集 >詳しくはこちら

・安くてオシャレでこの値段!新築外構工事一式48万円~ >詳しくはこちら