塀回り空間

お住まいの塀回りと聞くと何を思い浮かべますか?

まずは大きく分けて3つのパターンをお伝えします。

外構空間
目次

 

●外構のパターン

 ・・・オープン外構

 ・・・クローズ外構

 ・・・セミクローズ外構

●塀回り

●塀種類

●アクセサリーの紹介

 

外構のパターン

オープン外構、クローズ外構、セミクローズ外構という言葉があります。

これはお住まいの入り口を含む塀まわりのパターンを表しています。

ご新築をお建てになる際は、それぞれの特徴やメリット・デメリットについて把握し、譲れないことを考えた上で外構を考えることが重要です。

まずはそれぞれのパターンについて説明させていただきます。

オープン外構

オープン外構とは、家の敷地と道路の境目に、フェンスや塀などを設置しないタイプの外構です。

まったく何も設置しないと物足りなさを感じますが、多くのオープン外構のお住いは、植栽や背の低い植え込みなどを配置し、

無機質さを取っ払うとともに、敷地内を見えにくくする工夫をプラスしています。

 

オープン外構の特徴

・外からも内からも開放的に見える

・室内からの眺めがすっきり

室内も心地よい空間にすることができる

・ウッドデッキやカーポートとの相性が抜群

・セミクローズやクローズ外構よりも金額を押さえられる

 

懸念点としてはプライバシーの確保や防犯面が挙げられますが、

死角が少ないため侵入することが難しく防犯性が高いと言われています。

必要最低限の高さの植栽や塀でさりげない境界をつくり、圧迫感のない空間をつくりましょう。

クローズ外構

クローズ外構とは、オープン外構と反対で、境界に比較的高い塀やフェンス、生垣などを設けて外部の視線を遮るタイプの外構です。

クローズ外構はオープン・セミクローズ外構よりも使用するアイテムが比較的多いため、外構のデザインそのものを楽しむことができます。

クローズ外構の特徴

・近隣の方や通行人の視線を避けられる

・お子さんやペットが道路に飛び出ることを防ぐことができる

・隣地や道路との境界をはっきりさせられる

・洗濯物をお庭で天日干しできる

・日中窓のカーテンを開けたまま過ごすことができる

 

クローズ外構で安心感のあるお住いにしてみてはいかかでしょうか?

セミクローズ外構

オープン外構の良さと、クローズ外構の良さを同時に持っているのが魅力で、ハイブリッド外構とも言われています。

程よい開放感と、プライバシーやセキュリティが守られるため、多くのお住まいで取り入れられています。

例えば、お庭や花壇の部分は魅せる外構でオープンにし、リビング前や玄関前は目隠しフェンスや塀を配置し見えない工夫をします。

駐車スペースは開放的に、門回りはクローズにするなどお住まいに合わせて

見える・見えない場所を分けることで、快適に暮らすことができますね。

 

セミクローズ外構の特徴

・オープン・クローズ外構のそれぞれの良い点を持ち合わせている

・近隣と程よい距離感をとることができる

・街並みに違和感なく調和する

・程よい抜け感があり、完成度が高く見える

 

 

オープン外構をお考えの方も、クローズ外構で費用に悩んでいらっしゃる方も一度検討してみてはいかかでしょうか?

無料のお見積り・お問い合わせ

TEL:0120-96-1541

受付/10:00~20:00(土日祝OK)

※タップで電話がかかります

塀回り

塀まわりのアイテムとして用いられるのは、主にフェンスと塀です。

 目隠ししたい部分や境界をはっきりさせたいところ、またさりげなく仕切りたいところなど、用途によって様々なアイテムを組み合わせることができます。

フェンスや塀は視線を遮ったり、境界として用いるだけでなく、風や音を遮ることが可能です。

風の影響を和らげることができるため、台風対策にはピッタリです。

しかし、 設置できる高さなどの規定もあるため、 設置したいフェンスや、イメージ、必要な高さなど、お打ち合わせの際にご相談ください。

 

フェンスや塀以外意にも、塀の一部のみ空洞にしたり、ガラスブロックを取り入れたり、

角柱のポールや枕木を設置してデザインの幅も広がり、お住まいのテイストやお好みに合わせて組み合わせを工夫することができます。

お車まわりをしっかりされたい方にはカーゲートやシャッターなども提案させていただきますので、ぜひご相談ください。

塀種類

クローズ外構には欠かすことのできない塀。

施工方法は、コンクリートブロックやレンガ、化粧ブロックを積み上げるものや、積み上げたブロックにタイルやモルタルをつけるものなど様々です。

塀の種類や印象について紹介していきます。

ブロック(化粧ブロック)積み

コンクリートブロックを積んだ塀で、耐火性・耐久性に優れています。

グレーのよく目にするブロックだけでなく、デザインや模様が施されている化粧ブロックもあります。

凹凸があったり、色合いを選ぶことができる化粧ブロックはお住いの雰囲気と合わせてお選びいただけます。

コンクリート打ちっぱなし

コンクリートコンクリートで固めた塀はブッロク塀よりも強度が高いです。

スタイリッシュに仕上がるため、モダンな雰囲気のお住いと相性は抜群です。

吹付

吹付とは、コンクリートやブロックの塀にモルタルを吹き付けた塀のことを言います。

塗料の色や方法によってさまざまな仕上がりになります。

オリジナリティーを出したい方印象的な塀まわりに仕上げたい方にお勧めです。

レンガ積み

焼きむらのあるレンガはあたたかみある色で、塀だけでなく、アプローチ部分や花壇にも多く使用されています。

配置も様々で、上部を曲線にしたりなど加工のしやすさも特徴の一つです。

また、吸湿性があり、温度を下げたり、湿気を吸い取ったりする効果もあります。

柔らかく温かみある雰囲気に仕上げたい方におすすめのアイテムです。

タイル貼り

タイルは、様々なデザインやカラーがあることが一番の特徴です。

 木目調のものから、高級感漂う天然石のようなタイル、石積みに似せた凹凸のあるタイルなど様々な種類があります。

一部だけモザイクタイルや模様やデザインが特徴的なタイルを取り入れることでアクセントにもなり、唯一無二の空間に仕上がります。

お住いのイメージに合わせてお気に入りのタイルを見つけていきましょう。

自然石貼り

コンクリートの上に天然石を貼る、自然石貼り。

高級感漂う塀まわりに仕上げてくれるので、人目を惹きつけ、魅力ある塀になります。

生垣

お土地を区切りながらも、葉と花で四季・季節の香りを楽しめることができることが一番の特徴です。

外構で植栽などを取り入れなくても緑をたのしむこともできます。

 

また、メリットとして目隠しや環境保全が挙げられますが、一番のメリットは地震に強いということです。

ブロックやフェンスなどの人口の塀は地震で倒壊の危険性があります。

しかし、生垣は根を張っているため、倒れにくく、倒れた場合にもブロックなどよりも人的被害が少ないです。

和洋どちらとも相性がよく風情を感じることのできる生垣も検討してみてはいかがでしょうか?

 

 塀について詳しくはこちら

アクセサリーの紹介

単調になってしまいがちな塀まわり。

塀まわりにアクセントを加えることでお住いの印象が変わります。

代表的な3つのアクセサリーについて紹介させていただきます。

空洞ブロック・ガラスブロック

塀に埋め込むことで抜け感を演出。

空洞ブロックは風の流れをつくったり日差しを入れることが可能になります。

 

ガラスブロックは、光を通す壁として室内にも取り入れられることの多いアイテムです。

透明なガラスだけでなく、すりガラス調のものや、穏やかな波をモチーフにしたもの、

表面はフラットだけれど中にデザインが施されているもの、また色味がついているものなど

デザイン性のあるものや色のついたものを用いると遊び心ある塀に仕上がります。

ウォールアクセサリー

門壁にもよく用いられるウォールアクセサリーは、アイアン製・アイアン調のものが中心です。

直線のアクセサリーでスタイリッシュに仕上げたり、

曲線のもので柔らかな印象に仕上げることもできます。

 

そのほかにも葉や花をモチーフとしたアイテムもあります。

ボタニカルモチーフのものは存在感がありつつもナチュラルに仕上げてくれます。

シンプルな塀にアクセントをつけたい場合におすすめのアイテムです。

角柱

外構に用いる角柱は、門壁の横やお土地の角によく用いられ、

石材や木目調のもの、枕木など様々なテイストがあります。

同じ高さで塀のアクセントにしたり、高さを変えてアレンジを加えたり、お住まいの周辺の環境やお住いのテイストに合わせて施工が可能です。

 

並べて設置するため、間が生まれるので、風の通り道をつくることができます。

素材やカラーによって印象が変わるため、お住まいに合わせてお選びいただけます。

 

 

お住いを守る塀まわり。

周辺の環境やお住いの間取り、また費用について相談しながら、

パターンや素材・アクセサリーなど、満足いくものを検討していきましょう。

無料のお見積り・お問い合わせ

TEL:0120-96-1541

受付/10:00~20:00(土日祝OK)

※タップで電話がかかります

外構デザインのイメージを探す

クオリティでは、豊富な施工実績と提案力で、お客様のご要望に叶うエクステリアをご提案させていただいております。

ご自宅のイメージに合うものを探したり、デザインの参考にご活用ください。

お家のテイストから選ぶ

シンプル&モダンスタイル

アンティークスタイル
ナチュラルスタイル

カントリースタイル
和モダンスタイル

北欧スタイル
マリンスタイル

カフェスタイル

アイテムから選ぶ