フェンスについて

フェンスは、お家の敷地の内と外を区切るとても重要なエクステリアです。

フェンスのデザインや色によってお住まい全体の印象も変わってきます。

ただし最も重要なのは、何を目的にフェンスを設置するのかです。

それでは、フェンス設置にはどのような目的があり、それに合ったタイプはどのようなものかを見ていきましょう。

フェンスを設置する目的

フェンスを設置する際に最も重要となるのはどのような目的で設置をするのかです。

フェンスを設置する目的はいくつかあるので見ていきましょう。

目隠し

「生活している様子を見られるのは嫌だ」という方がほとんどではないでしょうか?

隣地境界や道路からの目隠しをし、プライバシーを守るためにフェンスを設置するお客様がたくさんいらっしゃいます。

敷地の境界

敷地の境界にフェンスを設置することによってお隣さんとの敷地の境界線が明確になります。

これにより自分の敷地内にお隣さんの占有物があるというようなトラブルを防ぐことができます。

逆を考えれば迷惑をかけてしまう可能性もあるので、トラブルを未然に防ぐために境界にはフェンスを設置することをお勧めします。

防犯

敷地の境界にフェンスがあることによって、侵入しにくくなります。

特に道路側にフェンスがあるのとないのとでは侵入のし易さが全然違いますので、道路側には防犯対策としてフェンスを設置したいところです。

防風・防音

フェンスを設置することによって、防風や防音の効果もあります。

交通量の多い道路に面している場合やお隣さんと近い場合は、防音に優れたフェンスを選ぶと良いでしょう。

また、お住まいの気候条件も併せて考える必要があります。

ガーデニング

フェンスに植木鉢を引っかけて飾るなど、フェンスをガーデニングの一部として活用される方もいらっしゃいます。

フェンスの形状のタイプ

フェンスはタイプによって役割が大きく変わるので、上記の目的に合わせて考える必要があります。

メッシュ・格子タイプ

目隠しをすることはできませんので、主に道路に面していない隣地境界に設置されます。

完全目隠しタイプ

隙間がないのが特徴で、外からの視線を完全に遮断することができます。

ただし風も通さないので風通しを考える場合には適していません。

半目隠しタイプ

完全目隠しとは違い、完全に視線を遮らず風通しも適度に確保できます。

風を通すため風への耐久性も高くなります。

ルーバータイプ

完全目隠しタイプと同程度視線を遮ることができ、さらに風が抜ける構造のため風通しもよく耐久性も高くなります。

ただし防音・防風を目的として設置する場合や、クーラーの室外機、給湯器の風がお隣に流れるのを防ぎたい場合は効果を十分に発揮できないことがあります。

フェンスの素材

フェンスは素材によって向き不向きや価格帯が異なります。

アルミ形材

アルミ形材はシンプルで最も一般的なフェンスで、多くのエクステリアに使用されています。加工がしやすく軽くて丈夫な点がメリットです。距離がある場合や道路面などの目隠しフェンスに向いています。また、直線美が美しくデザインや色展開も豊富であるため、門扉やカーゲートと同じデザインにすることができ、外まわりに統一感を持たせることができます。

アルミ鋳物

アルミ鋳物はお住まいを洋風の印象にしたいという方にはお勧めの素材です。こちらは型に流し込む製法のため細かい形状もつくることができ、曲線に強く流れを生み出すことができます。

目隠しにはなりませんが、重厚な雰囲気を演出でき、外まわりを優雅な印象にしてくれます。

アルミ形材と比べると費用が高くなるため、リビング前やお庭部分などにピンポイントで取り入れてはいかがでしょうか。

スチール

スチールは比較的安価でメッシュタイプとして隣地境界に設置する場合が多いです。広い範囲の設置でも経済性に優れているためお勧めです。

人工木

人工木は本物の木そっくりに作った素材です。金属素材とは違い温かみを生み出します。耐久性に優れているのも特徴です。

人工木でできたフェンスは同じ素材でできたウッドデッキとの相性が抜群です。

樹脂

隣地境界や和風のお庭に竹垣を設置したいという方もいると思います。しかし、落ち葉の掃除やメンテナンスは面倒と感じる方も多いと思います。

そこで竹垣の代わりとなるのが樹脂素材のフェンスです。樹脂素材であれば面倒なお手入れも必要ありません。

目隠しを目的にフェンスを設置する際のポイント

上記のタイプや素材の他にも、目隠しのためにフェンスを設置する際に注意すべきポイントを紹介します。

①フェンスの高さ

地面からフェンスの上までの一般的な高さは約180cm~200cmです。180cm程あれば通行人からの視線を遮ることができます。

しかしこの高さは目安であり、見られる場所との位置関係を考慮する必要があります。例えば、敷地や室内が相手側より低く見下ろされる場合は、目隠しフェンスをより高くする必要があります。また、家族の身長やお家の中で過ごす姿勢によっても設置すべきフェンスの高さは異なります。

②目隠ししたい場所に適したフェンス

道路側

完全に視界をシャットアウトするためにフェンスを高くすると、侵入された時に発見できない可能性があります。防犯のためには周囲の様子がある程度わかり、お住まい全体の雰囲気に調和したフェンスを選ぶのがポイントです。

お隣さんとの境界

完全に目隠しできるタイプで防音性の高いフェンスが適しています。しかし、お隣さんからの印象も配慮して高さは必要最低限に抑えたほうが良いでしょう。道路側とは違い外から見ても目立ちにくいので、デザイン性よりも機能性を重視することをお勧めします。

リビングの前

住まいが地面より高くなっているのに合わせて、フェンスもそれに応じた高さにすると2mを超えてしまいます。2mを超えると圧迫感や閉塞感を感じてしまったり、風通しや日当たりが遮られてしまいます。そのため視線に入らないギリギリの高さにするか、採光性や通風性があるフェンスを選ぶと良いでしょう。

お庭

外からの視線を気にせずにお庭でのリラックスやガーデニングを楽しむためには、家族や周囲の人が立った状態でも見えない高さにする必要があります。和風や洋風といったように、ガーデニングに合わせたデザインのフェンスを選ぶと良いでしょう。

バスルーム

お隣さんとの距離が近い場合に気になるのがバスルームです。窓ガラスが透明でなくても、夜には照明でシルエットが見えてしまいます。こちらにフェンスを設置するなら、耐湿性や通風性に優れていながらも視線をカットしてくれるルーバーや格子タイプをお勧めします。

無料のお見積り・お問い合わせ

TEL:0120-96-1541

受付/10:00~20:00(土日祝OK)

※タップで電話がかかります

構造

フェンスは本体、柱、端部カバー、隙間隠しで構成されています。本体はデザインが表現されている部分、端部カバーはフェンスの端部分の切り口をカバーするもの、隙間隠しはフェンスとブロックの間の隙間をふさぐカバーのことをいいます。

また、フェンスには間仕切りタイプと自由柱タイプがあります。

間仕切りタイプ

フェンスとフェンスの間に柱があるタイプです。つまりフェンスに裏表がありません。そのためお隣と境界フェンスを共有して費用を折半する場合にお勧めです。

自由柱タイプ

フェンスの裏側に柱があるタイプです。そのため外から見た外観を重視したい方にはお勧めです。一般家庭ではほとんどが自由柱タイプです。

さらに、フェンスを立てる方法もいくつかあるので紹介します。

ブロック上に立てる

最もフェンスを立てやすい方法で、失敗例が少ないです。

ただし、ブロック塀を高く設定する場合や距離が大きい場合は、ブロック塀の費用が高くなってくるので注意が必要です。

独立基礎を使って立てる

独立基礎は土の中にフェンスを埋め込む施工方法です。

ブロックを設置する必要がないため設置する場所の自由度が高いことや、ブロック基礎やコンクリート基礎よりも比較的安価に施工費用を抑えることができる点がメリットです。

フェンスが傾いてしまわないように、事前に独立基礎の高さや位置をしっかり設定する必要があります。また、地震や強風による傾きを防ぐためには、クラッシャーランを下に敷くことをお勧めします。

モルタルでフェンスの柱を埋めて立てる

こちらはカーポートやテラスの設置によく用いられる施工方法です。

独立基礎を設定しづらい際によく用いられる方法で、独立基礎を使うよりも簡単にフェンスを固定することができます。

独立基礎と同様にこちらもクラッシャーランを敷くことをお勧めします。

商品紹介

代表的なメーカーの目隠しと隣地境界に適したフェンスをそれぞれ紹介していきます。

【LIXIL】

「フェンスAB YS3型、TS2型」:目隠し

アルミ形材の目隠しタイプのフェンスです。

格子と格子の間は約10mmとなっており、風や採光も取り組むことが可能です。

裏面をすっきりさせたデザインに一新され、暮らしに馴染むフェンスの佇まいにこだわった商品です。

フェンスの下空き寸法は従来よりも狭い60mmを採用しており、目隠しの効果はもちろん、ペットがくぐり抜けづらく、空き缶などのゴミも入りにくい設計となっています。

「ハイグリッドフェンス」:隣地境界

スチールメッシュタイプのフェンスです。

 

スチールはアルミよりも強度があり価格も安価なため経済性に優れた商品です。目隠しやプライバシーを守る機能やデザイン性よりも経済性を重視したい方にお勧めの商品で、広い範囲に施工しても安心のローコストを売りにしています。

【YKK AP】

「ルシアスフェンス」:目隠し

木調や樹脂パネルの目隠しタイプのフェンスです。

アプローチまわりとコーディネートしやすく、洋風から和風、モダンからクラシックまで幅広いお住まいにおすすめです。

Fデザインは格子幅が約90~100mmで目隠しの度合いが高いフェンスです。講師と格子の間は約2~10mm隙間があるため、目隠ししながらも風を通すことができます。

「イーネット」:隣地境界

スチールメッシュタイプのフェンスです。

LIXILのハイグリッドフェンスと同様に、経済性に優れた商品です。

間仕切りタイプと自由柱タイプを選ぶことができます。

【三協アルミ】

「シャトレナ」:目隠し

アルミ形材の目隠しタイプのフェンスです。

格子のタイプを3パターンから選ぶことができ、1・2型は格子幅約80~90mmで格子と格子の間は約10mmです。3型はルーバータイプで完全目隠しのようですが風を通すことができます。

「スーパー速川」

アルミ形材の縦格子タイプのフェンスです。

建物に馴染みやすいスタンダードなモデルの商品です。

LIXILのハイグリッドフェンス、YKK APのイーネットと同様に経済性に優れた商品です。


ご質問、疑問点などございましたら、下記よりお気軽にお問い合わせください。

無料でお見積もりを行っております。

無料のお見積り・お問い合わせ

TEL:0120-96-1541

受付/10:00~20:00(土日祝OK)

※タップで電話がかかります