ウッドデッキ・タイルデッキについて

デッキとは建物から張り出すように作られるスペースのことです。

デッキは大きく分けて、木製のウッドデッキとタイルでつくるタイルデッキがあります。

テーブルやイスを置いてリビングの延長としての利用や洗濯物を干すために利用するなど、利用の仕方もいくつかあります。

プラスαとして、テラス屋根や囲いをつくることもできます。

それでは、デッキ設置のメリットや選ぶ際のポイントを紹介していきます。

デッキ設置のメリット

リビングが広く感じる

デッキの多くはリビングの外側に設置されます。

リビングの外にデッキがあることによって、リビングが広く感じることができます。

さらに、リビングの窓を開けると開放感も感じることができます。

テーブルやイスを置けば、リビングの延長として利用することができ、くつろぐスペースが1つ増えます。

アウトドアスペースになる

一戸建てを購入する際に、「家の外でBBQをしたい!」と考えた方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような想いを実現してくれるのがデッキです。

デッキを設置して、家族やお友達を呼んでBBQを楽しんではいかがでしょうか?

洗濯物を干せる

一戸建てのお住まいの場合、一般的には洗濯機が1階に設置され、2階に洗濯物を干すスペースがあります。

その場合、毎日洗濯した衣服を階段で運ぶなんて、重労働で大変だと思いませんか?

この問題を解決してくれるのがデッキです。

デッキは洗濯物を干すスペースとしても活用でき、さらにリビングの近くに干しているため、雨が降ってきた際に洗濯物を取り込みやすいというメリットもあります。

ウッドデッキとタイルデッキの違いや魅力

ウッドデッキとタイルデッキそれぞれの特長を紹介します。

ウッドデッキ

ウッドデッキとは、天然木や人工木でできるデッキのことをいいます。

ウッドデッキの魅力は温かみのある質感であり、和風・洋風どちらの雰囲気のお住まいにも相性が良いです。

天然木を採用すれば年を重ねるにつれて質感や見た目の変化を楽しむこともでき、人工木を採用すれば天然木に近い質感を楽しみながらも、耐久性もありメンテナンスが楽になります。

木は加工しやすい性質があるため、曲線的なデザインも取り入れることができます。

ウッドデッキのデメリットとしてはメンテナンスの必要性や耐久性の低さがあげられます。

天然木を用いるとささくれやカビ、シロアリが発生してしまう可能性があるため、定期的なメンテナンスが必要となります。

人工木を用いた場合は耐久性は上がりますが、濡れたまま放置するとカビが生えることがあるので気を付けなければいけません。

タイルデッキ

タイルデッキとは、ウッドデッキが木を用いるのに対し、タイルを用いたデッキのことです。

タイルデッキの魅力は高級感のある仕上がりになるという点です。

また木の茶色が一般的なウッドデッキとは違い、明るい色味にすることができる点もウッドデッキにはない魅力の1つです。

裸足でタイルデッキに出ても木のささくれがチクッとする心配もありません。

タイルデッキには気温の影響を受けやすいというデメリットがあります。

夏場はウッドデッキ以上に熱くなり、冬場はとても冷たくなり素足ではデッキに上がれなくなることもあります。

また、太陽光の照り返しが強くなることもあります。

雨や雪でデッキが濡れているときには滑りやすくなるので注意が必要です。

選ぶ際のポイント

ウッドデッキかタイルデッキか、どちらにするか決める際に注意するポイントの一例を紹介します。

メンテナンスの楽さ

お手入れの楽さや耐久性で選ぶなら、タイルデッキがおすすめです。

タイルデッキはメンテナンスも不要でお掃除も楽です。

また、重たいものを落としたり鋭利なもので叩かなければ、タイルが割れてしまうことはほとんどありません。

万が一タイルが割れてしまった場合も、割れたタイルのみを取り換えることができます。

そのためタイルデッキの耐久性は半永久といえます。

ウッドデッキでも人工木であれば特別なお手入れは不要で、耐久年数は一般的に10~15年です。

天然木であると使用状況にもよりますが数年での取り換えが必要となる場合もあります。

メンテナンスの楽さや耐久性を考えるのであれば、タイルデッキをお勧めします。

コスト

一般的に設置コストが低くなるのはウッドデッキです。

しかし商品や施工条件にもよりますので、一概には言えません。

ご予算に収まるデッキを探していきましょう。

メンテナンスの違いやコストの他にも、上記に示したように性質や質感の違い、メリット・デメリットがあるので、家庭が求めるデッキはどのようなものかを一度考えてみてください。

デッキに+αで設置したいもの(屋根、オーニング)パーテーション

フェンス

デッキが道路側にある場合やお隣さんから見えてしまう場合にはデッキにフェンスを設置することをお勧めします。

のんびりくつろいでる姿を知らない人に見られてしまうのは抵抗があると思います。

フェンスを設置して外からの視線を気にしないで済むデッキ空間をつくりましょう。

 

また、フェンスがあれば子どもが遊んでいるときの落下防止にもなります。

ただし洗濯物を干す場合は、フェンスによって風を遮ってしまって乾きにくくなる原因にもなるので、風を完全に遮らないような適切なフェンスを設置する必要があります。

屋根

デッキに屋根を設置するメリットはいくつかあります。

デッキで洗濯物を干したくても雨が降っていては干すことができません。

屋根を設置すれば多少の雨の日でも外に洗濯物を干すことができます。

また、雨からデッキ自体も守ることができ、特にウッドデッキの場合は劣化を防いでくれます。

次に、デッキの温度上昇を防いでくれるというメリットもあります。

夏の良く晴れた日にデッキで遊びたいと思っても、デッキの温度は上昇しており素足では上がれない状態です。この問題も屋根があれば解決でき、室内に太陽光が直接入るのも防ぐことができ、室内の温度上昇も抑えてくれます。

その他にも、屋根があることによってカフェテラスのようなオシャレな空間を演出することができます。

屋根にもいくつか種類があるので紹介していきます。

・テラス屋根

デッキの屋根の中で一般的なものがテラス屋根です。

屋根部分がポリカーボネートという屋根材で作られているため、日差しを適度に軽減してくれます。

テラス屋根はさまざまなカラーやデザインの商品があるので、ぜひお好みのテラス屋根を見つけみてください。

・パーゴラ

パーゴラとは、木材やアルミで組む棚や屋根のことです。

公園にある藤棚を考えるとイメージしやすいとおもいます。

パーゴラは雨を防ぐことはできませんが、日陰をつくることや、植物を絡ませて楽しむことができます。

・オーニング

オーニングとは、カフェのテラス屋根や移動販売車にあるような開閉可能な屋根のことです。

雨と日差しを防いでくれますが、日差しを室内に取り入れたい場合などは屋根を収納することができます。

便利で見た目もオシャレですが、大きなデッキの場合全体を覆うことができない可能性もあるので注意が必要です。

無料のお見積り・お問い合わせ

TEL:0120-96-1541

受付/10:00~20:00(土日祝OK)

※タップで電話がかかります

大きさの目安

ウッドデッキやタイルデッキを施工する際に「大きさ」にも注意する必要があります。

施工後に「思ったよりサイズが小さい」、「テーブル置いたら窮屈」と感じても、デッキを拡張することは非常に困難です。

なので施工時のデッキの大きさには注意し、利用目的に合った大きさにする必要があります。

ここでは大きさ選びに失敗しないよう、大きさの目安について紹介します。

子供が遊ぶスペースとしての利用

デッキの上にビニールプールを置いて子供たちが遊ぶ姿を想像したことがある方もいるのではないでしょうか?

子ども2人用のビニールプールを置いて、その周りを歩けるスペースを確保した際の大きさの目安は2700mm×2400mm程度がお勧めです。

洗濯物を干すスペースとしての利用

洗濯物を干すスペースとしてデッキの施工をお考えの際は、物干し竿を載せる台や、その周りを歩いて回れるスペースを確保しなければいけません。

大きさの目安としては、物干し竿2本の場合で考えると3600mm×2000mm程度がお勧めです。

リビングの延長・くつろぎのスペースとしての利用

デッキでお茶や読書を楽しみたい方は、テーブルとイスを置いた状態をイメージしてみてください。

テーブル1台とイス2脚を置く場合、それぞれの大きさや向きにもよりますが、4000mm×2000mm程度がお勧めです。

アウトドアスペースとしての利用

4人家族が2組集まって計8人でBBQをする場合、テーブル2台、イス8脚、コンロ1台を置くと想定すると大きさの目安は4400mm×3600mm程度がお勧めです。

デッキが汚れるのが気になる方は、コンロをデッキの隣に置くのもいいかもしれません。

あくまで目安ですので、実際に決める際は、土地の広さなどの施工環境にも配慮する必要があります。

施工方法

ウッドデッキとタイルデッキの施工方法をそれぞれ紹介します。

ウッドデッキ

⒈床下

最初にウッドデッキの床下に防草シートや砂利、土間コンクリートの打設などの施工を行います。

次にウッドデッキの土台となる束石の設置を行います。

束石はウッドデッキを水平にするためのとても大切な部材で、全体にゆがみが生じないようにします。

⒉束柱・根太

土台の束石が設置されたらその上にウッドデッキの柱にあたる束石を設置します。

次に柱の上に根太という床を支える補強部材をとめていきます。

⒊床板

最後に床板を張っていきます。

このあとにフェンスなどは施工していきます。

タイルデッキ

⒈基礎部分

最初にデッキ周りにコンクリートブロックを積みます。

ブロックを積んだらその中に土と砕石で盛土してコンクリートを打設します。

⒉タイル

コンクリート土台となる基礎ができたら、タイルを適切な大きさに切断し、基礎の上にタイルを貼っていきます。

ウッドデッキ同様に束柱・根太を施工して、タイルを並べるという施工方法もあります。

商品紹介

ウッドデッキとタイルデッキのおすすめ商品をそれぞれ紹介します。

ウッドデッキ

【LIXIL】

「樹ら楽ステージ」

多彩なプランと豊富なバリエーションがある商品です。

床板には、昇温抑制効果のある特殊タイプの顔料を採用しており、太陽光を反射し夏の表面温度の極端な上昇を抑えることができます。

デッキ下が見えないように幕板を加えることができ、アール加工にも対応しています。

他にもスロープの設置やLED照明をはめ込むこともできます。

【三協アルミ】

「人工木デッキ ひとと木2」

人工木を用いていますが、天然木のような温もりのある風合いを再現した商品です。

表面に凸凹加工をして木目風の柄を施すことで天然木に近づけています。

風合いは天然木であっても実際は人工木なので、耐久性には優れています。

【YKK AP】

「リウッドデッキ200」

LIXILの樹ら楽ステージ同様に豊富なバリエーションがある商品です。

デッキの目地幅は3mmとなっており、さらにデッキ下まで貫通しない構造なので隙間から物が落ちることがありません。

また、デッキ下に光が漏れにくく、雑草が成長しづらいという特徴もあります。

タイルデッキ

【LIXIL】

「タイルデッキ」

600角の上質な大判タイルを採用した商品です。

大判タイルを採用することで空間全体に広々としたゆとりのある印象を与えてくれます。

また、タイルの素材は雨の日でも滑りにくいものを採用しており、ブラシで簡単にお掃除することもできます。

カラーバリエーションはウッドデッキにはない高級感を演出するカラーがあります。木目調のものもあります。

ウッドデッキでもタイルデッキでもない

【三協アルミ】

「ラステラ」

ウッドデッキでもタイルデッキでもない、モダンでシックな商品です。

床材は人工木を採用していますが、柄は木目調ではなくマーブル模様で4色のカラー展開があります。

マーブル模様がリビング前の空間をさわやかにしてくれます。

タイルデッキと同様にお手入れが簡単な点もこの商品の特長です。

ウッドデッキ・タイルデッキのイメージはできましたでしょうか?

デッキを設置してお住まいに新たな生活空間をつくってみてはいかがでしょうか?

無料のお見積り・お問い合わせ

TEL:0120-96-1541

受付/10:00~20:00(土日祝OK)

※タップで電話がかかります